循環器内科

当科の特徴(概要)

  • 循環器内科チーム循環器内科チーム

  • 循環器内科では、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患、心不全、心臓弁膜症、心筋症、心房細動をはじめとする不整脈、動脈硬化症、高血圧症などの診療を行っています。「患者さん中心の医療」「最新の標準的な医療」を基本理念とし、個々の患者さんにとって最適な治療は何かを考えながら診療にあたっています。

    現在、循環器内科医師7名の体制で、心臓血管外科および血管外科と連携し、心血管病の全般をカバーできるチーム医療を目指し鋭意努力しています。心臓カテーテル治療では、地域における第一線の診療科として実績を積んできました(2020年4月現在、冠動脈インターベンション治療1,300件+不整脈のカテーテルアブレーション治療1,000件)。また、心不全チームを置き、社会の高齢化で増加している心不全患者の包括的な医療にも取り組んでいます。

心血管病の診療では、高い専門性と迅速な対応が要求されます。当科では急性心筋梗塞や心不全など救急診療が必要な患者さんに対し、365日24時間の体制で診療に当たっています。今後も周辺の医療機関と連携し、当院に求められる「心血管病の救急医療と専門診療」を最大限に発揮できる地域医療を構築して行きたいと思います。

外来診療について

患者さんの要望に応える診療

外来診療をしていると、患者さんにより受診の理由は様々であることに気がつきます。

  1. 胸の調子がおかしくて心臓病が心配になった。
  2. 胸が痛くて自分で調べてみたら症状が心筋梗塞に似ており心配になった。
  3. 最近、動悸と息切れがあり、一度心臓を調べてもらいたい。
  4. 胸がドキドキして脈も乱れている。心房細動ではないかと心配している。
  5. 動脈硬化があると言われたが、どうしたらよいのか知りたい。

胸の痛みを心配して来院された患者さんに「心筋梗塞ではありません」では不十分でしょうし、動悸と息切れがあり心臓病を心配して来院された患者さんに「心電図は正常です」では十分な説明になっていません。

初診

このような実情をふまえ、患者さんが何を求めて来院されたのか、このような視線を大切にした診療を心がけたいと思います。診療情報提供書をお持ちになった患者さんにつきましては、現時点での問題点を一緒に整理したいと思います。

再診(定期通院)

定期通院になると、自分がどんな病気で通院してるのか、どんな薬を服用しているのか、どんな症状に気をつけたらよいのか、などの認識が曖昧になってしまうことが多々あります。病気を悪化させないためにも自己管理は大切です。このような点が意識できるよう診療環境を築いて行きたいと思います。

救急診療

心血管病の救急では高い専門性と迅速な対応が要求されます。当科では、循環器専門医あるいは心血管カテーテル治療認定医が、365日24時間の体制で循環器救急に当たっています。川崎市救急や稲城・町田市救急からの要請に対し、また地域の先生方と連携し、急性心筋梗塞や心不全などの緊急対応を要する患者さんの救急診療を行っています。

対象疾患

  1. 心不全
  2. 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)
  3. 不整脈(心房細動・発作性頻拍・期外収縮など)
  4. 心臓弁膜症
  5. 心筋症・心筋炎
  6. 肺性心疾患
  7. 成人先天性心疾患
  8. 失神
  9. 大動脈疾患(大動脈解離・大動脈瘤など)
  10. 末梢血管病(閉塞性動脈硬化症・深部静脈血栓症など)
  11. 高血圧症

検査内容

外来診療で受けられる検査は以下のとおりです。(*は即日診断が可能)

  1. 血液検査*(一般項目・BNP・D-Dimer・PT-INRなど)
  2. 心電図*
  3. ホルター心電図
  4. 脈波検査*
  5. 呼吸機能検査*
  6. 心臓超音波(心エコー)*
  7. 血管超音波(頸動脈・下肢静脈など)*
  8. 胸部レントゲン*
  9. 心臓CT・冠動脈CT
  10. 心臓MRI・大血管MRI
  11. 心臓核医学(SPECT・PETなど)
  12. ティルト試験

心臓カテーテル検査は入院が必要となります(1泊2日~2泊3日)。

  1. 冠動脈造影
  2. 心機能評価
  3. 心臓電気生理検査
  4. 心筋生検

治療方法

  1. 虚血性心疾患
  2. 心房細動
  3. 心不全
  4. ペースメーカー

診療実績

2019年(1~12月)

入院診療

年間入院患者数 1,161名(平均在院日数:9.9日)
  • 症例数

    急性心不全 177名
    虚血性心疾患 555名
    急性心筋梗塞 103名
    不安定狭心症 29名
    不整脈 368名
    先天性心疾患 5名
    急性大動脈解離 32名
  • 検査実績

    運動負荷心電図 475件
    ホルター心電図 859件
    心エコー 3967件
    冠動脈CT 505件
    心筋シンチ 218件

心臓カテーテル

  • 冠動脈造影 537名
    冠動脈ステント 224名
    アブレーション 206名
    (心房細動、AF) 162名
    ペースメーカー/ICD 75名
  • 冠動脈ステントにおける診療実績
    アブレーションにおける診療実績

外科手術

心臓手術 47名
胸部大動脈疾患 12名
腹部大動脈+末梢血管 112名
大動脈ステント 50名