各科紹介

小児科

小児科 当科の特徴


当科の特徴

当科はおもに川崎市北西部地域の入院を要する小児救急医療を担う医療機関(三次医療をのぞく)であるほか、周産期医療およびかかりつけ医療機関と連携のもと、検査・入院を要する小児専門診療をおこなうことを主としています。

午前は感染症など急性期一般小児疾患、午後は臓器別/慢性疾患など専門外来や乳幼児健診・予防接種・シナジス外来(午後は予約制)となっています。

夜間・休日等の時間外診療については小児科時間外診療についてをご参照ください。

スタッフは全員が小児科学会専門医です。それぞれの専門性をいかした診療をいたします。

新百合ヶ丘総合病院小児科が当地域のお子さまと保護者の皆さまにとってお役に立てますよう、スタッフ一同心をひきしめて診療にあたらせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

外来診療内容についてのご案内

小児の内科的疾患全般に対応しております(※)。午前中は発熱、咳など呼吸器症状(肺炎、気管支炎)、腹痛や嘔吐下痢といった消化器症状(胃腸炎、ノロウイルス感染症)のほか、溶連菌感染症、尿路感染症、手足口病などのウイルス性発疹症、髄膜炎、インフルエンザ、マイコプラズマ感染症、気管支喘息の急性発作、川崎病など急性期症状(疾患)に対応した一般外来となっています。午後は専門外来、乳幼児健診、予防接種をおこなっています。

また、お子さまの症状や健康に関することで、保護者のみなさまがどの診療科を受診してよいかお困りのばあいもご相談いただけます。当科でカバーできない疾病は当院当該診療科もしくは慶應義塾大学病院、聖マリアンナ医科大学病院、国立成育医療研究センター病院などをはじめとした高度専門医療機関へご紹介いたします。緊急と考えられるときは直接専門医療機関の受診をお薦めすることもございます。

(※)交通事故、骨折などの外傷、熱傷、頭部打撲、手術を要する疾病、眼疾患、耳鼻咽喉科的疾患、精神症状のみられる疾患など一般内科的診療範囲を超えるものは、はじめから当該診療科もしくは専門病院受診をお願いいたしております。

【一般外来】

初診 月曜~土曜
午前
溶連菌感染症やプール熱など上気道炎、肺炎・気管支炎(ウイルス性、マイコプラズマ、細菌性)、頸部リンパ節炎、感染性胃腸炎(ノロ、ロタほか)、脱水症、髄膜炎、尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎)、ネフローゼ症候群や急性腎炎の急性期、気管支喘息、川崎病、てんかん、発達の遅れ、起立性調節障害、乳幼児の湿疹など
※かかりつけ医療機関から紹介状をお持ちの方

担当 四家達彦 荒巻 恵 佐藤公則 和田未来 髙木虎太郎
(専門性に応じて担当医を決めさせていただくことがございます)
再来 月曜~土曜
午前
上記疾患の外来治療やフォローアップ
当科入院された方の退院後のフォロー

担当 スタッフ交代制、入院担当医

【専門外来】

心臓 土曜午後 先天性心疾患、不整脈、川崎病など 学校心臓病検診にも対応

担当 荒巻 恵、慶應義塾大学小児科
腎臓 土曜
(第3)
午後
腎炎、ネフローゼ、慢性腎疾患、夜尿症 学校腎臓病検診にも対応

担当 上牧 勇(NHO埼玉病院)
呼吸器 木曜
(2,4)
午後
小児喘息・呼吸器疾患、長引く咳などの管理

担当 玉井直敬(都立総合小児医療センター)
神経 金曜午後 てんかん、頭痛、発達障害、くりかえす熱性けいれんの管理。

担当 四家達彦
内分泌 木曜
(第2,4,5)
午後
低身長、甲状腺疾患、糖尿病、副腎疾患、性腺疾患、性分化疾患の専門的管理

担当 佐藤武志(慶應義塾大学病院)
アレルギー 水曜午前 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーの専門的管理

担当 和田未来、森田久美子(慶應義塾大学病院)
血液 土曜(第3)
午後ほか
貧血、白血病の診断、出血性疾患、リンパ系疾患、腫瘍性疾患の診断、乳児血管腫の専門的管理

担当 高木虎太郎、山崎文登(慶應義塾大学病院)
予防接種(シナジス外来) 月曜/木曜
/金曜午後
月曜は基礎疾患のある方のシナジス外来を含む

担当 交代制
1ヶ月健診・
乳幼児健診
月曜/木曜
/金曜午後
NICU退院後のお子さんの発育・発達のフォローアップも含みます

担当 四家達彦 ほか交代制

小児科時間外診療について

小児科時間外診療受け入れは下記のとおりになります。

1.小児科救急車搬送依頼の受け入れ
2.小児科紹介入院依頼の受け入れ
3.当院かかりつけ小児の症状変化に伴う相談・診療の受け入れ
4.上記以外の小児時間外診療については小児科医にご相談下さい。

※夜間・休日は小児科医師1 名の診療になるため、救急・入院を要する小児・病棟急変に優先して対応しています。ご了承ください。
また、院内の診療状況で対応できない場合があることも予めご理解ください。

下記診療所等でも小児科初期診療が行われています。直接お問合せ頂き、ご利用ください。

【夜間】
川崎市北部小児急病センター(多摩休日夜間急患診療所内)

【休日昼間】
川崎市麻生休日急患診療所、川崎市多摩休日夜間診療所、川崎市宮前休日急患診療所


休日・夜間小児科診療所 受付時間・電話番号一覧



なお、各区休日急患診療所を受診され、入院が必要とされた場合における紹介入院依頼に関しましては、上記同様に診療受け入れ対応いたします。

誠に申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

診療実績(平成31年4月~令和2年1月の10か月間)

外来のべ患者数 8,323人
1日平均患者数 34.0人
夜間・休日外来のべ患者数 483人
救急車応需件数 698件
入院患者総数 813人
NICU/GCU入院患者総数 81人
乳幼児健診総数 519人
予防接種実施総数
(1ワクチン1として)
2,086