各科紹介

小児科


小児科 当科の特徴


当科の特徴

【はじめに】
小児科医の仕事は全ての子どもたちが健やかに成長できるようにお手伝いをすることです。
平成26年4月、新百合ヶ丘総合病院小児科は慶應義塾大学小児科に所属する5名に他4名の常勤医により診療を始めました。当院では当院でお生まれの新生児の診察から、急性疾患、慢性疾患の管理まで全ての小児科診療、予防医療に対応します。

午前中は急性疾患を中心に一部慢性疾患のお子さんの診療を行い、午後は予防接種や健診、慢性疾患をお持ちのお子さんの診察を中心に行っています。専門外来は常勤医の専門分野だけでなく慶應義塾大学小児科からの専門医が担当することにより、都内の大学病院と同様の小児医療を受けることが可能となりました。お子さんの中にはかかりつけ医をお持ちの方も多いことでしょう。

当院は,みなさんのかかりつけの先生との連携も強化して参ります。かかりつけの先生の診察で、さらなる検査、入院が必要と判断された場合、当院で対応します。

また、休診日を除く8:30~17:00までは救急車の搬送にも対応します。常勤医師は日頃から学会、研究会、大学カンファレンスに積極的に参加して知識の向上を図ることで最新の小児医療を適切に実施して参ります。

【一般診療】
※詳細は『 外来診療担当表』をご覧下さい。