ホーム 各科紹介 リハビリテーション科

各科紹介

リハビリテーション科


当科の特徴

 当科では、怪我や病気などにより障害を受けた患者様に対し、早期よりリハビリテーションを行っています。患者様の早期退院に向け、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士はもちろん、医師や看護師なども含め、医療スタッフ一丸となりリハビリテーションを提供しています。早期離床、筋力低下、関節が固まるといった廃用症候群の予防や生活・活動範囲の拡大を目指し、失われた機能の回復や残された機能を最大限伸ばせるよう治療・支援を行います。

リハビリテーョン科 スタッフ

理学療法(PT;Physical Therapy)

 理学療法では、病気や事故等により失われた身体機能を改善するために、専門知識・技術を持った理学療法士が医師の指示のもと訓練を行います。訓練では、関節可動域の拡大・筋力強化・心肺機能の向上など、運動機能に直接働きかける治療から、基本動作・歩行・階段昇降など、日常生活に必要な動作訓練を行います。


作業療法(OT;Occupational Therapy)

 作業療法は、機能訓練や作業活動を通して、身体機能の回復などを目的にリハビリテーションを提供していきます。日常生活に関わる動作から、手の巧緻動作(手先の細かな動作)などの訓練を行います。


言語聴覚療法(ST;Speech-Language-Hearing Therapy)

 言語聴覚療法では、成人の言語障害全般(構音障害、高次脳機能障害、失語症、吃音)の、話す、聞く、読む、書くなどの日常生活に必要なコミュニケーションに対する訓練を行います。また、食べ物がむせてうまく食べられない摂食・嚥下障害に対してのアプローチも行います。


施設基準
  • ・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • ・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • ・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • ・心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • ・がん患者リハビリテーション科

脳卒中地域医療連携パス協会

当院は、一般社団法人 脳卒中地域医療連携パス協会に加盟しています。
詳細は下記をクリックして下さい。

脳卒中地域医療連携パス協会(http://www.renkei-pass.com/)


「すべては患者さんのために」を胸に、私たちリハビリテーションスタッフ一同、共に歩ませて頂きたいと考えております。


このページの先頭へ戻る▲

リハビリテーション機器の紹介

インテレクト モバイル・コンボ2778

①インテレクト モバイル・コンボ2778

マルチ電気刺激波治療 +超音波治療

 コンパクトなマルチ電気治療器のモバイル・コンボは、臨床で使用する干渉電流療法、TENS、高電圧パルス療法などの電気治療法と超音波療法の治療が可能です。さらに、電気刺激療法と超音波療法のコンビネーション治療ができ、急性期からの積極的な使用が可能です。

(効果)

痛みの緩和、マッサージ効果、促通、筋力増強

エルゴメーター

②エルゴメーター

 ドイツ生まれの上肢・下肢トレーニング機器特徴:強力で静かなモーターが自力運動をアシストし、運動能力に応じたエクササイズができます。痙性管理機能で運動状況が監視され、必要に応じてモーターのアシストが自動ストップし安全です。

(効果)

運動耐用能向上、上下肢の協調運動、廃用症候群予防

ニュー・ウエイト

③ニュー・ウエイト

 ニュー・ウエイトは使用者の体重をバランスよく支え、個々の運動能力に合った自重に簡単に設定できます。リハビリテーションやスポーツトレーニング分野で痛みの除去、及び痛みを許容できる環境を安全に提供します。
対象としては、整形外科疾患、脳卒中後の神経再教育、循環器機能トレーニング、呼吸器疾患患者の歩行トレーニングとして用いられます。

ニューステップ

④ニューステップ

 低負荷・長時間の全身運動から、高負荷での短時間運動まで 対応した設計で、全身の有酸素運動と無酸素運動が極めて安全に行える訓練器です。
循環器系持続力強化と上下肢の筋力強化が可能な、パワロビクスクストレーニングとリハビリテーションに最適なマシンです。

(効果)

運動対応能の向上、上下肢の協調運動、廃用予防

レッドコード

⑤レッドコード

 運動器系疾患(腰痛、頚部痛、骨折後のリハビリ治療等)、中枢系疾患(片麻痺等)に対する治療エクササイズだけでなく、スポーツ領域においてのファンクショナルトレーニングに幅広く利用されています。
個別の治療・運動療法を実施する際、多様なポジションに応じて簡単に上下肢、頭部、体幹等を懸垂できるため、関節可動域、筋力増強、スタビリティトレーニング、各徒手的療法等が安全かつ効果的に実施できます。

キーモジュール

⑥キーモジュール

 ローラーと吸引装置を装備したヘッドでの皮膚・皮下組織への施術で、筋肉構造の刺激、マッサージなどの物理治療効果を得ることができます。遅発性筋肉痛、疼痛を取り除き、部分的な血液循環を一時的に促進します。
モビライゼーションを実行し、疼痛緩和、鎮静作用、リラクゼーション感覚も促進され、ストレス解消等の効果があります。

Win PDMシステム

⑦Win PDMシステム

 Win PDMシステムは座位・立位姿勢における圧分布を計測するシステムです。座っている際の臀部にかかる圧力や立っている際の重心のバランスを簡単に計測することができます。
広い計測面により両足同時に計測が可能で、リアルタイムに圧分布表示可能となっています。また専用解析ソフトにより、歩行の解析・重心の動揺検査も評価が可能です。

ADL シミュレーター

⑧ADL シミュレーター

 洗い場での移動、浴槽への出入りや立ち座りの動作練習や評価はもちろん、最適な浴槽の高さや手すり位置を事前にシミュレーションできるため、安心して自宅改修できます。また、浴槽形状や蛇口も左右対称なため左右片麻痺のシミュレーションも同じ条件で行うことができます。