リハビリテーション科

ボツリヌス療法

ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法とは、食中毒の原因菌で知られるボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬(ボトックス)を筋肉内に注射する治療法で、痙縮(筋肉の緊張・手足のつっぱり)をやわらげる効果が期待できます。ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。
リハビリテーション科では、主に脳卒中後遺症や頭部外傷、脊髄損傷により生じる痙縮(筋肉の緊張・手足のつっぱり)に対しボツリヌス療法を行い、自主トレーニング等のリハビリテーションを併用することで機能改善を図ります。

ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法の効果

  • 手足の筋肉がやわらかくなり、動かしやすくなることで、日常生活動作(ADL)が行いやすくなる
  • 関節が固まって動きにくくなったり、関節が変形したりするのを防ぐことができる(拘縮予防)
  • 手足のつっぱりによる痛みをやわらげる
  • リハビリが行いやすくなる
  • 介護の負担が軽くなる
ボツリヌス療法の効果

ボツリヌス療法の進め方

ボツリヌス療法の効果は、注射後2~3日目から徐々にあらわれ、通常3~4か月間持続します。効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。ただし、効果の持続期間には個人差があるので、医師と症状を相談しながら進めていきます。

ボツリヌス療法の効果

診察の結果、医師から「ボツリヌス療法の適応がある」と判断された場合のみボツリヌス療法を受けることができます。

ボツリヌス療法を希望される方

外来診療予約専用フリーダイヤル0800-800-6456
上記にお電話いただき、リハビリテーション科の外来診察予約をお取りください。

【リハビリテーション科外来】
診察日:毎週火曜日午後(予約制)
医 師:木下翔司 医師
備 考:①紹介状(※)、②保険証、③障害者手帳(お持ちの方のみ)を持参ください
※紹介状がなくても受診可能ですが、紹介状を持参いただいた方が診察が円滑に進みます。

よくある質問

問1.入院の必要はありますか?
当院におけるボツリヌス療法ではご入院いただく必要はございません。外来診察時にボトックス投与(注射)をし、終了後はご帰宅いただけます。
問2.初診時にボトックス投与を行うのですか?
状況に応じて医師が投与日(外来診察当日又は後日)を判断いたします。
問3.費用はどのくらいかかりますか?
保険証の種類により費用が異なります。詳細は直接お問い合わせください。
問4.どの程度の頻度で注射するのですか?
ボトックス投与後3か月間は再投与を行うことができません。外来診察終了時に次回の外来診察(投与)予約をお取りいただきます。