地域情報誌 タウンニュース 2021年02月号 掲載記事より

冬の乾燥肌とスキンケア

皮膚科 医員
窪田 茶月(くぼた さつき)

  • 冬も本番、寒い時期には大気が乾燥し、お肌がカサカサしやすくなります。乾燥肌が原因で起こる冬の皮膚病は、皮脂欠乏性皮膚炎が代表的です。カサカサしてかゆくなり、掻けば掻くほど湿疹が生じて悪循環に陥ってしまいます。

いかに乾燥肌を防ぎ冬場を快適に過ごすか?コツはスキンケアにあります。入浴時はゴシゴシこすらず、泡で包み洗いがおすすめです。入浴後は保湿剤を塗ってお肌をケアしましょう。保湿剤選びの基準は「自分に合うか」が大切です。市販品は多種類ありますが、基本的にはかぶれを生じなければ、使用感や香りなどの好みで選ぶことができます。

また、加齢により皮脂分泌能力は低下します。特に家事などで刺激を受けやすい手などは頻回に保湿しましょう。肌ケアにもかかわらず皮膚炎が生じた際には治療が必要ですので、お近くの皮膚科を受診してください

皮膚科はこちらから