ホーム 医療コラム糖尿病と診断されたら

地域情報誌 タウンニュース 2018年11月号 掲載記事より

糖尿病と診断されたら

糖尿病内科 糖尿病センター センター長

岩本 安彦



糖尿病の患者数は近年、生活習慣の変化(過栄養と運動不足)と超高齢社会の到来によって、現代の国民病と呼ばれるほど増加しています。糖尿病の典型的な症状は口渇、多飲、多尿、体重減少などですが、症状がなくても血糖値が高い場合は少なくありません。健診などで糖尿病と診断されたら症状の有無にかかわらず受診してください。

糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。食事療法では標準体重をめざしてカロリーの制限と栄養素のバランスを心がけて下さい。運動は日常生活の中で身体を動かすことが大切で有効です。食事療法、運動療法を実践しても血糖値が改善しなければ、経口糖尿病薬や注射薬(インスリンやGLP1受容体作動薬)などを試みます。そして、早期治療と治療継続が何よりも大切です。