ホーム 医療コラム首、腰の病気?

地域情報誌 タウンニュース 2016年01月号 掲載記事より

首、腰の病気?

脊椎骨髄末梢神経外科 部長

尾原 裕康



頚部痛、腰痛、手足の痛み・痺れは多くの方々が経験する症状です。付随する症状がなく保存的治療で改善するものは経過観察で問題ないことが多いですが、運動機能障害を併発するもの・保存的治療に反応しないもの・急に症状が出てくるものの中には、背骨の周囲で神経が障害されているために生じる疾患が隠れています。

これらの疾患の中には症状を緩和させる保存的治療を継続し、うまくつきあっていく必要のある疾患から手術治療を行うことで改善できるものまで種々の病態があります。

手術治療も最近では顕微鏡手術・内視鏡手術等の低侵襲な手術が可能になっております。 長く症状が続いている方々、急に症状が出てしまった方々、先ずお近くの整形外科・脳神経外科の受診をお勧めします。