ホーム 医療コラム認知症を予防しましょう

地域情報誌 タウンニュース 2015年12月号 掲載記事より

認知症を予防しましょう

神経内科 部長

矢﨑 俊二



わが国の認知症高齢者は約460万人いるとされており、その内の約7割は脳にアミロイドβペプチドという特殊なタンパク質が蓄積して、脳が萎縮するアルツハイマー型認知症です。認知症の予備軍と呼ばれる軽度認知障害(MCI)は約400万人いるとされています。

また、わが国のMCIの60歳以上の有病率は11~17%です。

最近の研究では、MCIの人の50~70%は3~4年後に認知症に進行するとされています。MCIや認知症を予防するのには、定期的な運動、脳トレーニング、バランスのとれた食生活、適度な睡眠、糖尿病・高血圧・脂質異常症の治療、禁煙などが大切です。

「もの忘れ外来」を受診して、MCIの段階で認知機能低下を見つけ、認知症の発症を予防しましょう。